うつ病人が『うつヌケ』を読んだ感想をば

今何かと話題のコミック『うつヌケ』。

私は発売してすぐにAmazonで購入しました。この本が発売された頃、私はうつ真っ只中。この状況からいち早く脱却したい……!藁をもつかむ思いで購入したのを覚えています。

 

そんな私が『うつヌケ』を読んだ感想を書いてみようと思います。

 

 

 

結論から言うと

 

私は本当にうつ病なのか…?

と頭を抱えてしまいました。

 

『うつヌケ』に描かれているエピソードはどれも、私よりも悪い状況のものばかり。

私よりも仕事をしていて、責任を背負っていて、苦労をしていて、うつ病になってしまうのも納得できるような方々ばかりでした。

そしてうつ病の症状も私よりひどい方ばかり……。

 

私はこの人たちみたいな苦労はしていない。なのにうつ病?本当は怠けてるだけなんじゃないの?仕事から逃げているだけじゃないの?私なんか……。

……と、勝手に果てしない自問自答に陥ってしまいました。

 

(おそらく)回復期に入った今では、

自分が辛いと思うことは他人と比較できるようなものではないこと、症状が軽い自分はむしろラッキーであること、を冷静に考えられるようになってきました。(症状が軽い私でもあれだけしんどい思いをしたのに、あれ以上の症状が数年間続くなんて……。考えただけでも大変。)

 

『うつヌケ』にはたくさんのエピソードが描かれているので、たくさんのうつ病患者の共感を呼んでいるだろうし、救われているとも思います。

 

ただ、うつ病はかなり悲観的になってしまう病気です。なので、私のように自分とエピソードの内容を比較してしまう人は読むとしんどい思いをしてしまうかもしれません。

 

 

このブログを書くにあたって『うつヌケ』を軽く読み返しました。今では症状がかなり落ち着いているので『うつヌケ』をひとつの作品として楽しむことができたし、あの症状はうつ病のせいだったんだなぁと考えることができました。

 

私が素直な性格なら良かったんですけどね。

自己肯定感を鍛え上げたいよ、ほんとに……(呆れ顔)

 

 

ちなみにアフォーメーションは現在実験中です!効果あるといいなぁ。

 

以上、私のざっくり感想でした~。

ではでは。

第8回 発泡酒選手権(完)

本日にて(やっと)堂々完結!!

さっそく順位発表です!!

 

 

 

4位 アサヒ「クリアアサヒ

 

 

 

3位 キリン「のどごし〈生〉」

 

 

 

2位 サッポロ「麦とホップ The gold」

 

 

 

1位 サントリー「金麦」

 

 

パンパカパーン👏👏👏👏👏👏

 

自己主張が強すぎず、ずっと飲んでいられそうな味!ということで1位に選ばせていただきました。他の発泡酒と比べて味に違和感がなかったのも💮でした。

 

もはやビールにどれだけ似ているかというより飲み物としてどれだけ美味しいか、という点で比較してきたように思います。

 

サントリーのプレムアムモルツはあまり好みではないのですが、発泡酒第三のビール)部門では堂々の第1位となりました。やはりビールと発泡酒は別物と考えた方がよさそうですね。

 

かなり個人的なランキングでしたが、いろんな発泡酒を比較できてお気に入りを見つけることができましたー!満足。

 

しばらくは

ビール→キリン 一番搾り

発泡酒→キリン 淡麗

第三のビールサントリー 金麦

で落ち着こうと思います。

 

また珍しいお酒を飲んだときはブログを書いてみようと思います。

 

ではでは~。

 

 

 

第7回 発泡酒選手権

暑い日にはビール!

ってことで今日も飲みました。

 

今日はこの一本。

 

 

サッポロ 「麦とホップ The gold」

分類:リキュール(発泡性)①

 ALC.5%

 

 

これ、すごいビールっぽい味がしますね。美味しい。目隠しして飲んだら確実に騙される気がします。

 

昨日と比べると

1位 麦とホップ

2位 のどごし

という結果に落ち着きました。

 

味の感想をもっと的確に表現したいところですが、語彙力がない!!残念。

無の時間の過ごし方

またもや無の時間が増えてきました。

胸がそわそわする、無気力、ぼーっとする。これだけならまだしも、焦りや不安も徐々に復活してきてしまって厄介厄介。

 

どれだけ焦ったかというと勢いでアルバイトに応募してしまうくらい。そして応募したあとに自分なんかで大丈夫なのかと頭を抱え、連絡がくるまでのそわそわ感で息が詰まりそうになっています。完全に首絞めてるよ、これ。

 

今日は通院の日だったのですが、先生には焦りや不安のことを話しませんでした。話しても薬が増えるだけだしなと思ってしまったのと、自分のこと話すのが億劫になってしまって。話さないとダメなのはわかってるんですけどね。もやもやもやもやします。

 

こんな気持ちに耐えきれず、アルコールで気持ちにブーストをかけてやろうとしましたがうまくいかず。布団にぺたり。

 

こんなとき、どう過ごしていいのかいつも悩みます。何もやる気が起きないけど、無音だと不安になる。けどドラマや映画を見てもストーリーが頭に入ってこないし楽しめない……。

私と同じ状況の方はどのように気持ちを紛らわしているのかすごく参考にしたい。

 

私はニコニコ動画で実況動画を流していることが多いです。それも自分でプレイしたことのあるゲームの動画。ずっと動画に集中してなくても展開がわかるし、プロのしゃべりじゃない安心感があって落ち着きます。

 

ラジオも試してみたんですが、視覚も使わないと手持ちぶさた感が強調されてさらに落ち込むんですよね。

ラジオ聞きながら、作業するの好きだったのになぁ。悲しい。

 

あとはブログのようなものを書くこと。何も考えずに垂れ流すと澱みが軽くなるような気がします。

 

はぁー、浮力ほしーい!

好きなこと取り戻したい!

書いたことが実現しますように!

第6回 発泡酒選手権

第三のビール四大巨頭?をまとめ買いしてきました!

これで自分にあったものが選べますね~。

最初はこの一本!

 

 

キリン 「のどごし 〈生〉」

分類:その他の醸造酒(発泡性)①

 ALC.5%

 

 

感想:スペシャルじゃなくていいじゃん!!!

 

前回の発泡酒選手権で「のどごし スペシャルタイム」を飲みましたが、今回のが全然いい!!!

こっちのが淡麗に近い気がします。

 

分類がリキュールじゃなくてその他の醸造酒になっているのが非常に気になりますが……。もはや第三のビールですらないのでは……?

もう何がなんだかよくわかりません!!

 

スペシャルタイムより〈生〉のが断然好きという結果に落ち着きました。

 

残るはあと三種!

飲んだら都度更新していきます。

どれが合っているか楽しみです。

 

 

ではでは。

第5回 発泡酒選手権

久しぶりの発泡酒選手権!実はまだ続いていました。

 

発泡酒第三のビールを同じ土俵にあげていいのか問題に関しては変わらずスルーでいきます。何がどう違うのかは勉強します……。

 

 

はい、今回のお相手は

 

キリン 「のどごし スペシャルタイム」

分類:リキュール(発泡性)①

 ALC.5%

 

のどごし(無印)を飲んだことがないのにいきなりスペシャルタイム。なにがどうスペシャルになったのかはわかりません。

 

こよなく愛する「淡麗 極上(生)」(発泡酒選手権堂々の第一位に鎮座)を作っているキリンさんならきっと第三のビールも旨かろう。麦100%って書いてあるしきっと美味しいんでしょう!と思いながらごくり。

 

 

 

…… ものすごく謎の味がする。

少なくともキリン一番搾りや淡麗とは全くの別物。ぐびぐび飲みたくなる味ではありませんでした、残念。

 

なんというか、口に入った瞬間謎の味が広がって何事もなかったかのように味がすんっとなくなるというか……。

 

のどごし(無印)を飲んでたら「んんっ!これはスペシャル!!」ってなったのかねぇ。

 

これからもいろんなビールもどきを飲んで、私の貧相な舌にいろんな味を叩き込んでいく所存でございます。

 

ではでは。

 

 

映画『美女と野獣』(字幕版)観に行ってきました

つい先日、いとうるわしきエマ・ワトソンを拝むために『美女と野獣』観に行ってきました。

 

本作だいたい話がわかってる上に二時間超えというボリューミーさ。いくらディズニー映画とはいえ中だるみ必至だろうと覚悟してました。

 

ところがどっこい!びっくりするぐらいあっという間でした!こりゃ~びっくり。

 

何であっという間に時間が過ぎたのか、その要因を書いてみようと思います。

 

①なんだかんだ知らないストーリー

ベルとビーストが内面の美しさに惹かれあいハッピーエンド!ってのはみなさんご存じの通り。

けど、ベルとビーストがどうやって出会ったのか、魔女がどんな魔法をかけたのか、ベルってどんな人なのか……などなど知らないことが結構あって意外と新鮮に楽しむことができたんです。

あ~、そんな話だったのね~ふむふむ。ってな感じでした。

 

②ミュージカルが楽しい

結構ひとつひとつのミュージカルパートの尺が長めだったのも、ひとつの要因かなと思っています。

 

③ガストンの根性の腐りっぷりがいっそすがすがしい

いやー、救いようのないやつで思わず笑ってしまいそうでしたよ。『美女と野獣』からガストンを引くと、なにも問題の起こらない平和な物語になっていたことでしょう(笑)

ガストンほど振り切った外道は久しぶりに見ましたね~。

自ら観客のヘイト集めまくるガストンすこ。

 

ざっとこんな感じでしょうかね。

あと気になったのがコグスワースの人間に戻ったときの顔、化粧雑じゃない?!

気のせいかなー。

 

個人的にはエンドロールで役者名と写真を一緒に出してくれるのは親切で好きでした。

ロードオブザリングでもこんなのがあったきがします。

 

5月は見たい映画が数本あるので、またなんちゃって感想でも書いてみようと思います。

ではではー。