アンチ残業の行く末

あんなに残業なんかせずにさっさと家帰るぞ!と思っとったのになぁ。この感覚がバリバリ薄れていってる自分が怖くて怖くて。

家でやりたいこといっぱいあるのに。

 

すれば、いいじゃんって話だけど。

今回のブログ、私の気力が足りないって言われちゃうとその時点でなんも言えんくなる話です。

 

まぁ、それはいい。

 

最近思い始めたのが

「仕事をはやく終わらせるように考えて仕事するよりも、残業ありきで仕事した方が楽なんじゃないか」

ということ。

 

おかしい。絶対おかしい。

『今日こそはやく帰るぞ。』って思い始めたらなんかダメな気がする。だって昼下がりにはもう諦めてるもんね。

はやく帰るっていう呪文というか、麻薬みたいなもののような気がするんですよね。自分をごまかしてるというか。

工夫して仕事するより、闇雲に仕事した方が楽なんだなって思う。自分の成長とやらは感じられんけども。

 

しかし、なんで諦めてんのさ……。残業することに慣れてきている自分が嫌で嫌で仕方ない。

 

 

残業=頑張ってるってことにはならんってわかってるのになぁ。

というか、残業するのが普通で残業せずにちゃっちゃと帰ると仕事しないやつ判定が下る風潮がうちの課にはある。

思い込みなんかね。

課の風潮のせいにしてるかな。

 

研修中からこの空気は感じてましてね。この慢性的な残業習慣なんか私が変えてやんよ!ってな気持ちもあって希望した部署なのに、正式配属2ヶ月でこれだよ!!

 

あと謎の空気読んで帰れんとか、長話に付き合って帰れんとか、そういうのはなくそう。

八方美人やめろ、自分。

 

いつにもまして支離滅裂な文章!

しばらく電車にゆられて、帰宅します。さらば。