人にプレゼントするときの気持ちについて

人にプレゼントしたり、お土産を渡したりって【楽しいとき】と【しんどいとき】ありませんか?

私の場合、楽しいとしんどいの気持ちの差がめちゃくちゃ激しいんですよね。

 

楽しいときは相手が喜びそうなものを考えるのも選ぶのもまったく苦にならないけど(もちろん予算は設けます)、しんどいときはもうストレスすぎて頭痛がするぐらい嫌なんです。なんて極端なの。

 

この2つの気持ちにどんな差があるのか、書き残しておこうと思います。

 

 

やっぱり一番大きいのは「心から相手にお礼をしたいと思っているかどうか」です。

私がプレゼントやお土産を用意する理由って感謝の気持ちがもう圧倒的。

 

過去にはこんな理由でプレゼントやお土産を用意したことがあります。

 

・私の精神面を支えてくれる友人へ

→ぐずぐずのメンタルを支えてくれている友人。最近では友人が好きなグッズ(旅行先限定品)をプレゼントしました。

 

・旅行の幹事をつとめてくれた友人へ

→いつも率先してやってくれるし、誘ってくれるしほんとにありがたい気持ちでいっぱい。

 

・大学時代、よくノートを見せてもらった友人へ

→私、人にノート見せるの嫌いなんですよ(笑)多分友達にも嫌だって気持ちあったと思うんですよね。何回も助けてもらった感謝の気持ちでお菓子をちょこちょこ渡してました。ノートを見せてもらうことは当たり前と思っちゃダメっていう自分への戒めもあったと今になって思う。

 

・彼氏に渡すプレゼントを選ぶのに付き合ってくれた友人へ

→めちゃくちゃ悩んで、時間もかけたのに最後までアドバイスくれたりしてほんとありがたかった。嬉しかったなぁ。

 

・友人宅に泊めてもらったとき

→お邪魔します!ありがとう!の気持ち

 

・いつもお世話になっている母へ

→限りなくお世話になっているなぁ……(遠い目)ほんとにありがとうだわ……。

 

……etc.

 

 

 

反対に、プレゼントをするのがしんどいときって「体裁を保つため」の時が多い。

 

「~してもらってるから恩を返さなきゃ……」と思ってるときは、ほんとにプレゼント選びが苦痛。相手のことが苦手でも、返さないと私が悪者になった気分になっちゃって大変。

もうほぼ呪い。

 

最近、こんな気持ちになるぐらいならやらない方がマシだわ!と吹っ切れるようになりました(笑)

嫌々やるもんじゃないよね。

 

 

あと、旅行先でよく発生するのが「お土産として魅力的なものが置いてない問題」

なんかお土産買って帰りたいなと思って店に行っても、美味しそうなものとか相手が好きそうなものが無いときは心底がっかり。

 

かといって、とりあえずの気持ちで買うのも嫌なので、結局手ぶらになってしまうことも多々ありますね。

どうでもいいものを買うのって私にとってすごいストレスなんだなと毎回実感します。

 

 

ざっとこんな感じでしょうか。

自分のストレス源を明文化すると頭が整理されて、考え方の軸ができる気がします。

 

あと、人への感謝を少しでも表したいという気持ちが自分にあることがわかって安心しました(笑)

 

プレゼントすることに関して、また新しい発見があれば追記したいと思います。

以上!