映画が好きな理由

映画って素敵。

大学生の頃に映画の面白さを教えてくれる先生に出会って以来、切っても切り離せないものになりました。

今では私の大事な好きなものです。

 

 

映画を見てるといろんな世界や人生、歴史を知れるし、面白い。

 

のはもちろんなんですが、私にとって一番大きな理由は、

私の悪いところ、卑怯なところを肯定してくれるような気がするから。

 

 

自分の中に渦巻いてる負の感情の存在を認めてくれるような気がするんですよね。

映画の中に描かれてるってことは監督や脚本家にも同じような感情が存在するってことだと思うんです。

この気持ちは私だけじゃないって知れるのめちゃくちゃ嬉しくないですか?

 

負の感情って人と話せないことの方が圧倒的に多いし、共有できることってあんまりない。だから、映画の中で自分と似てるなと思うキャラクターが出てくるとすごい感情移入しちゃう。

 

世の中のいろんなことが監督、脚本、撮影、音楽、俳優、編集etc.いろんな人の力を合わせて表現されるってほんとにすごいなぁ。

 

もっと映画の細かいところを拾えるようになりたいですね。

 

 

今日も映画を見てまったり過ごそう、そうしよう。

私からは以上!