毎日の何気ない話

考え方のゆがみを直したい。好きなことをもっと好きになりたいオクラノのブログ

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』のわからなかったところ

第90回アカデミー賞

作品賞/監督賞/作曲賞/美術賞授賞おめでとうございます!

 

 

今、一番の話題作をやっと観てきました。

できれば、アカデミー賞授賞式前に見ておきたかったのですが間に合わず……。

 

ずっと楽しみにしていたギレルモ・デル・トロ監督最新作。

期待値上がりすぎかなとも思ったのですが、本当に美しいラブストーリーでした。

 

www.foxmovies-jp.com

 

本作の魅力については他で語り尽くされていると思うので、この記事では私がよくわからなかったな……、と思ったところをまとめます。

 

【わからなかったところ】

 

※ネタバレしまくりですので、ご注意ください。 

 

 

ストリックランドの人となりについて 

マイケル・シャノン演じる嫌なやつ!と思ってたんです。

が、それだけにとどまってないな……、ってのは漠然と感じてるんです。

 

仕事である程度地位を得てて、美人な妻に可愛い子供がいる。高級車もポンと買えちゃう財力もある。

 

なのにポジティブシンキングについての本読んでたり、イライザに言い寄ったり、不思議な生きものを虐待したり、全く現状に満足してない様子。

車買ったときも【成功者が乗る車】ってフレーズにつられて買ってたようなもんだしね(後にぶっ壊されるシーンで爆笑しそうになった)

 

あと、不思議な生き物が連れ去られたときの追い詰められ方とか尋常じゃなかったですよね。

すべてを失いそうになった人間を描いていたんでしょうか?

 

 

映画冒頭とラストあたりで、神話や宗教を絡めたようなナレーションが入ってた気がするんですが、そこの意味があんまり理解できず記憶にも残ってない……。

すべてを破壊しようとする者とかそんな感じだったかなぁ。

 

 

腐っていく指

これどういう意味なんでしょうか?

不思議な生きものに噛みちぎられてしまった指を医者になんとかくっつけてもらうけれども、だんだん黒く腐っていく。

挙げ句の果てには自分でちぎっちゃう。痛々しくて目を伏せそうになりましたよ。

 

これ、なんのメタファーなんでしょう。気になる。

 

 

ホフストテラー博士はスパイ?

ソ連のスパイだったってことでいいんですよね……?

スパイだったけども不思議な生きものを生かそうとする気持ちに天秤が傾いたの?

だからイライザに協力したの?

 

ホフストテラー博士が撃たれたあたりの展開が急でついていけなかったので、ものすごく曖昧。

ストリックランドが来る前に別の人と対峙してたよね。

 

状況把握力が追い付いてません。

 

 

ラストシーンの靴とキズ

イライザが冒頭で憧れてる赤いヒール。不思議な生きものとの恋が成就し、愛を確めあったのちから履いてるんですよね。

青緑の世界に赤が映えるのなんの。

 

話が逸れました(笑)

この靴がラスト、水中でのシーンで脱げちゃうんですよ。

そのシーンがすごい綺麗で見いっちゃうんですけど、

この靴が脱げてしまうのも絶対意味あるよね。

 

もう着飾らなくてもいい、ありのままをってことなのでしょうか……。

 

 

あと、イライザの首にあったキズで水中呼吸ができるようになるところ。

 

首のキズってイライザにとって少なからずコンプレックスだったと思うんですよ。ストリックランドに言及されたときもイヤそうでしたしね。

 

そのキズが、彼と生きていく上で必要なものになるってすごいロマンチックじゃないですか!!!!?

 

孤独だったイライザが彼の前では本当の自分でいられるってことなのかな、と思ってます。

息苦しかった世界が彼と一緒にいることで息ができるようになったんだなぁ、と。

 

的外れかもしれないけど(笑)

 

 

 

 

ざっと、こんな感じでしょうか。

わからないことがありすぎて、整理しきれてないので今後追記するかもしれません。

 

みなさんは『シェイプオブウォーター』どうご覧になったのでしょうか。

私はツイッターやブログなどいろいろ見て回って、もうちょっと映画の余韻に浸ろうと思います。

 

私からは以上!

 

 

【2018/03/24 追記】

町山智浩さんの映画ムダ話をダウンロードしました!

tomomachi.stores.jp

 

いつもは50分ぐらいなのに今回は90分ぐらいあって、すごいボリューム!

いつもの倍ぐらい町山さんの熱量を感じられるし、「そういうことだったのか!!」が詰まってました。

 

こういう映画評ってほんとにありがたい。

映画って見ただけじゃわからないところいっぱいあるし、自分の知識の網がガバガバでくみ取れてないこといっぱいあるもの。

 

『大アマゾンの半魚人』みたいな~。