毎日の何気ない話

考え方のゆがみを直したい。好きなことをもっと好きになりたいオクラノのブログ

行動基準が「人に感じ悪いと思われるかどうか」だった話

 

他人に「こいつ気が利けへんな」とか「空気読まれへんな」と思われる=人として終わり だと思ってました。

けっして大げさでなく。

 

なので周りの人に感じ悪い印象を与えないようにキャパオーバーの気遣いをしてました。

 

 

たとえば、友人とカラオケに行ったとき。

自分の飲み物がなくなったのでドリンクバーへ行く。このとき友人のグラスも確認して空だったら「何か飲み物いる?」と聞く。

 

よくあるこの一連の流れ。

自分の心に余裕があるときはなんとも思わないけど、余裕がないときは『正直、やりたくないな』と思いつつ声をかける。

ここで声をかけずにいってしまうと「感じ悪い」から。

 

マイナスな状態で「気遣い」をすると、心がめちゃくちゃ疲れる。

そして「え、毎回私がジュース入れにいくの?」って状態に勝手に陥る。

もっと言うと『私が声かけると思って、わざと飲み物取りに行かないのでは……?』とか『ありがとうって言えば何でもやってもらえると思ってない?』と被害妄想しだす始末。

 

 

 

どうです?心が狭いでしょう?(開き直り)

というか、人間性に難ありか・・・・・・? 

 

 

物事の大小あれど、こんなのって生きてたら絶対に遭遇するよね。それも山ほど。

 

学生時代なら「友人にノート見せる or 見せない」

家なら「他の人の食器をついでに洗う or 洗わない」

会社勤めなら「あきらかに面倒な雑務を買って出る or 出ない」etc.

 

 

本当は嫌だけど、空気を読んで引き受けてしまう。

本当はめちゃくちゃ心狭いけど「感じ悪い」と思われるのがすごく怖い。だから頼まれてもないのに動いてしまう。

 

「心の広い、気が利く人間でなければならない」って呪いにかかってた。

 

 

 

でも最近は、「気が利く」は「パシリ」と紙一重なのでは?と考えるようになりました。

 

そもそも、「何か飲み物いる?」と声をかけないだけで「感じ悪い」と思うのってちゃんちゃらおかしい。

だって、「気にかけてもらえることが当たり前だと思ってる」ってことだもの。

気遣いしても加点ゼロ、気遣いがなければ減点って何様のつもりなんだよ!って話ですよ。

 

そんでもって、きっと私の友人はそんなこと思わないわ。勝手に悪者にしてごめん、友人。

 

会社に勤めてた頃「人を減点法で見る人」がいたけど、その人の基準に合わせて精神すり減らす必要なかったなぁ、と今になって思う。

 

 

 

「気遣い」って自分の心の余った部分でするものであって、自分の身を削ってまですることではない。

今の私が思う気遣いは「いつも助けてもらってるから」とか「ちょっとでも役立てばいいな」、「ついでにやっとくか!」って気持ちで自発的に行うもの。

「気遣い」は強制されるべき行動じゃないよね。

 

 

そこに今まで気づけなかった。

ぜーんぶ心が狭い自分が悪いと思ってた。

 

でも、そうじゃない!って思えるようになったら心がめちゃくちゃ楽になった。

無理矢理、気遣いする必要ないよ。

あくまでプラスアルファですよ。

 

 

自分の心が常に他人のことを考えてられるほど広くないこと。

心が狭い私でも自発的に「あ、これやっといたら助かるかな」って行動することがあるってこと。

 

このふたつを自覚してたら、もうちょっと生きやすくなるんじゃないかな。

 

私からは以上!