だんない

毎週火曜日更新

「人は見た目じゃない」とは言い切れない自分がいる

こんにちは、オクラノです。

 

今、わたしの顔が何らかのアレルギー反応でパンパンに腫れています。

目はいつもの2分の1ほどしか開いてません。まぶたもパンパン。

 

わたしは年に1~2回、顔がパンパンに腫れて「とても人前には出られない!」と思うような状態になります。

しかも、この状態が3~5日間続く。

 

こんな状態になっていつも思うのは「人は見た目じゃないなんて、ただのきれい事だ!」ということ。

 

わたしだって「人は見た目じゃない」と言い切りたいです。

でも、自分の顔面が受け入れられないとなると矛盾しているのでは・・・?

 

【目次】

 

何回みても慣れない顔面

本当に何回鏡で見てもひどい。

この状態になったら、清潔にし、髪の毛が顔に当たらないようにして、薬をこまめに塗る。

これをくりかえすしか、手だてはありません。

 

顔が本当に別人のようになってしまうので、誰にも会いたくない。

外に出るのはもちろん、家族に会うのも苦痛。

今の自分の姿を誰にも見られたくないし、たとえ会った人に「気にしないよ」と言われても自分が気にするから普段通り過ごせない。

 

こういうとき「人は見た目じゃない」という主張が自分の中でグラグラとゆらぐ。

 

自分に思うことは、他人にも思う・・・はず

「自分の見た目を気にする」癖があるかぎり、他人に対しても「人は見た目じゃない」なんて言えないんじゃないかと思うのです。

 

「人は見た目じゃない」と言い切れる自分でいたいけれど、そうじゃない自分が確実に存在する。

 

自分に対して思うことを、他人には思わない自信がない。

 

「自分の見た目は気にするけど、他人の見た目はどうでもいい!」っていうのは、また別のベクトルの考え方のような気がするし。

うーん・・・。

 

すっきり答えを出したいけれど、なんかモヤモヤとして答えが出ません!

・・・もうちょっと「見た目問題」について考えてみようと思います。

 

 

▼重い腰を上げて検査してきました

 

わたしからは以上!オクラノでした。