はじめての農業ボラバイトに挑戦するにあたり、目的をはっきりさせておこうと思う

こんにちは、オクラノです。

 

このたび、農家でボラバイトをすることにしました!

しかも、約3週間住み込みで!

 

うつ病になって会社を辞めてから約1年半ぶりの労働なので正直とてつもなく不安です。よりによって肉体労働なんて、いくらなんでも無謀なんじゃないかと思わなくもない(笑)

 

でも、せっかく行くと決めたんだから自分の軸は定めておきたい。

なので、ボラバイトに応募したきっかけや目的をしっかりと書き残しておこうと思います。

 

初心忘れるべからず!

 

【この記事の内容】

 

ボラバイトに応募したきっかけ

最近ですね、日に日に「親に養ってもらっていることへの違和感」が強くなってきていまして。

うつ真っ盛りのときも「わたし、働けないゴミ。つらい。消えたい(^p^)」みたいなことを考えてましたが、それとは少し種類が違う。

 

「実家で暮らしているより、外の世界に出てみた方が自分にとってプラスになるんじゃないか?」という気持ちが強くなってきたのです。

 

「だったら、ちょっと長めに実家から離れてみよう!」と思い立ったはいいけれど、貯金がすり切れてきていて経済的余裕はゼロ。安宿でも長期間泊まれば結構な額になっちゃうしね。

 

できるだけ安く外で過ごす方法はないかと探してみたら、農家や牧場・キャンプ場などで働くボラバイト(ボランティア+アルバイト)がヒット。

 

住み込みなので、個室がもらえて光熱費タダ。さらには畑の野菜や米を提供してくれるので食費もほとんどかからない。そして、おこづかい程度のお給金はもらえる。

(※条件はボラバイト先によります!)

 

これは貧乏人にはありがたい条件!!

今後、万が一住むところがなくなったときの緊急手段としてもアリかもしれない!!

 

と、思い切って応募したのでした。

 

なんでボラバイト

自分の体力を試してみたかった

「今までずっと家で休養してきたけれど、どれだけ回復したんだろう?」と、ずっと自分がどれだけ動けるようになったのかを確かめてみたいという気持ちがあったんです。

 

でも、いつドロップアウトするかわからない状態で普通にアルバイト(飲食店やコンビニなど)する勇気はなく・・・。

家の近所でバイトする勇気もないのに、いきなり住み込みでがっつり働くリゾートバイトも逃げ場がなさそうハードルが高い。

 

だから、ボラバイトの「お手伝いしに行く」というスタンスがちょうどよかったんです。

時給は基本的に最低賃金割ってるし、労働時間も長いところが多いので「え、ブラック・・・?」と言われるかもしれないけど、家を離れてみたい&体力テストをしたかった自分にとっては好条件だったのです。

 

余談:ボラバイト先にうつ病であることを伝えた話

電話面接の際、ボラバイト先の方に「うつ病になってずっと休養してたので、体力にまったく自信がないです。」ということを伝えました。

 

不思議とうつ病になって会社を辞めた過去を隠そうとする気持ちはなく、自分の状態をありのままに伝えて、採用するかどうかは先方の判断に任せたいという気持ちが強かった。

うつ病に関してどれだけ知っているかもわからないし、疎まれる可能性だってあるもんね。

 

「断られても仕方ない!ダメもとだ!」と勇気を出して電話したんですが、今回わたしが応募した農家さんは快諾してくれた上に「しんどくなったらいつでも休んでいいいからね~」と拍子抜けするぐらい陽気な雰囲気でびっくり。

 

緊張状態が一気にほぐれたのか、うれしすぎて電話切ったあとまさかの感涙(笑) 

出した勇気が、良い方向に転がったなと感じた瞬間でした。

 

なんで農家?

農業はしんどいと思いつつ、やってみたいあこがれがあった 

映画『リトル・フォレスト』や、

 

マンガ『銀の匙』『百姓貴族』 

の影響がかなり大きいです(笑)

 

どの作品もけっして農業を美化しているわけじゃなくて、キツいところもしっかり描かれてる。なのに、なぜかすごく魅力的に見える。

キツいところも描かれてるからこそ、惹かれるのかもしれませんね。

 

これらの作品をリピートするたびに、「農作業やってみたいな~」と謎の理想像と興味は膨らむばかり。

それならいっそこの機会にやってみようと、ボラバイト先に農家を選んだのでした。

 

就農するという選択肢を残すかどうかの判断材料にしたかった

たった2週間で農業のなんたるかを把握できるとはみじんも思っていません。

けど「さらに興味がわいたからもっと農業に携わってみたい!」となるのか、それとも「満足したからもういいや・・・」となるのかすごく興味がありました。

 

もしかしたら「就農したい!」と考えるようになるかもしれないしね。

なので、将来の選択肢が増えるのか減るのかこの機会に見定めたいです。

 

他人との共同生活で大事にしたいこと

ひとりの時間をきっちり確保する

今までのわたしだと、なんてことはない雑談の席ですら「今抜けたら、感じ悪いかな・・・?」と考えてしまってなかなか離脱できずにいました。

 

その結果、十分にひとりの時間が確保できずストレスが爆発。自分の時間が確保できないとイライラするし、心の余裕ががっつり削れるし、さらには体調も悪くなることは身に染みてわかっている(笑)

 

なので、今回は空気を読みすぎずひとりになりたいときは遠慮なく離脱ができるようになるのが目標。

2週間ずっと気を張り続けるのは体力的にも精神的にも厳しすぎるので、自己防衛術を会得したい所存であります。

 

働くことと自分の好きなことを両立したい

働くことに全力投球もいいですが、好きなこともしっかりやりたい。

なので、農作業でへとへとになったあと、ブログを書いたり、RPGツクールでのゲーム制作をすることができるのか試してみたいんです。

 

やっぱり生きていくなら好きなことに天秤傾けたいので、ここは自分としても勝負所だと思っています。

ただ明らかな体調不良時に無理して頑張りたいのではなくて、「疲れたけどいっちょやるか!」とエンジンかけられるようになりたいのです。

 

このふたつはわたしが社会人になってできなかったことだから、今後は大事にしたい。

 

 

ざっとこんな感じでしょうか。

 

ボラバイトがはじまるまでの間ずっとドキドキハラハラして過ごすことになりそう(笑)

ボラバイト先での人間関係の相性は完全に運だから、そこは!お願いします!(宛先不明の祈り)

 

わたしからは以上!オクラノでした。