だんない

映画が好きだけど、映画についてはほとんど書いてない雑記ブログ。

【感想】映画のタイトルがたくさん出てくるアドベンチャーノベルゲーム『紡ロジック』

 

こんにちは、オクラノです。

 

つい先日、毎日コツコツとすすめていたアプリ『紡ロジック』をクリアしたので感想をば。
f:id:thecongress:20190309213551j:image

 

紡ロジック
紡ロジック
開発元:SEEC Inc.
無料
posted withアプリーチ
 
※ネタバレあります。
 

【この記事の内容】

 

クリアするまでにかかった日数

だいたい1ヶ月半ほどかかりました。

エピソード回収率は95%です。

 

アプリをダウンロードした日を確認できなかったので、アバウトな数字にはなってしまいますが。

 

ちなみに、毎日配布されるチケットのみでパーフェクトクリアを目指すと、63日=約2ヶ月かかります。

けっこうボリュームがあります。

 

早期クリアは課金なしで全章達成できました

前作『誰ソ彼ホテル』では、無課金で全早期クリアすることはできなかった記憶があるのですが、

誰ソ彼ホテル -脱出・推理ゲーム
誰ソ彼ホテル - 脱出・推理ゲーム
開発元:SEEC Inc.
posted withアプリーチ

今作『紡ロジック』は無課金で全早期クリア達成できました。親切設計!!

 

チケットだけでは早期クリアはできないので、ジュエルを使う必要があるんですが、意外と集められます。

 

無課金でジュエルをゲットする方法は3つ

  • ログインボーナス
  • 動画ログボ
  • キャラクターとの友情レベルをあげてボーナスをもらう

 

↑をコツコツ集めれば、 無理なく早期クリア達成できました!
f:id:thecongress:20190309213605j:image

コツコツおでかけして、おみやげを集めてプレゼントした結果。

 

ほのぼの系?と思ったら、結構キツいお話だった

思い切ってネタバレしてしまいますが・・・、

  1. 物語序盤、なんも事件起こりません!!!ほのぼの!!!(?)
  2. 途中、ある仕掛けがあります!!!なるほど、びっくり!!!
  3. 胸くそ悪めのお話です!!!キツい!!!

 

序盤はほんとに事件が起こらないので「・・・・・・?」と思ってたんです。”ほのぼの”という表現がぴったりかと言われれば、そうでもないのですが丁度良い表現が見つからなかったのです!!(開き直り)

後ろ暗いダークさをちょいちょい小出しにしてくるほのぼのストーリーなんです。

 

最後までプレイすると、前半でのエピソードが伏線ばらまきターンだったことに気づく構成でした。「あれも伏線だったのね~」と前半戦の消化不良が解消されて、おもしろかったです。

 

一番印象に残った映画『クラッシュ』

『紡ロジック』の好きなところは、実在する映画タイトルが多く登場すること。

 

『食人族』や『マッドマックス』、『キャリー』、『先生を流産させる会』・・・など本当にたくさんの映画タイトルが日常会話に混ざっているのが個人的にとても楽しかったです。

ゲーム中に映画駄話描写があると、それだけでテンションが上がってしまうたちでして。シナリオライターや製作者の意図や好みが透けて見えるような気がしておもしろい!!

 

その中でも一番印象に残り、「絶対見よう!!!」と思った映画がこちら。

 

『クラッシュ』(1996)/ デヴィッド・クローネンバーグ

『紡ロジック』中では、スズキくんがこの映画をみてバイク事故をわざと起こしたというエピソードが語られるんですが、実際にこの映画を調べてみると想像以上にやばそうな映画だった(笑)

 

youtu.be

予告を見た感じではただエロそうな映画、って感じなんですが一筋縄ではいかなさそう。車で事故ること=性癖って未知数すぎて気になる。

 

映画って自分では到底思い至ることのないもの・ことを手軽に摂取できてしまうので恐ろしいですね!!(満面の笑み)

 

【おまけ】

「紡ロジック 映画」で検索すると、本作に登場する映画をまとめていらっしゃる方がいらっしゃったのでURLを貼っておきます。

『紡ロジック』で取り上げられた映画作品の一覧まとめ|望月もなか|note

 

わたしからは以上!オクラノでした。

『LIFE IS STRANGE / ライフイズストレンジ』に登場する映画たち【エピソード2~5編】


こんにちは、オクラノです。

 

『ライフ イズ ストレンジ』熱が再燃している勢いに任せて、本作に登場する映画たちをまとめてみました!!

 

▼エピソード1で出てきた映画はこちら

thecongress.hatenablog.com

 

※エピソード1と比べて、各エピソードの映画の登場数が減ったので1つの記事にまとめています。

※エピソード3:には映画の片鱗を見つけることができなかったので、飛ばしております。

 

【この記事の内容】

 

ウォーレン博士オススメのタイムトラベル映画一覧

エピソード2:時間切れより。

マックスの突拍子もない相談事にも真剣に返してくれるウォーレン博士。

f:id:thecongress:20190307190426j:plain

というか、自分の好きな分野について、好きな子(マックス)から質問されめちゃめちゃテンションが上がっただろうウォーレンを想像すると微笑ましい(笑)

 

そして、参考資料としてタイムトラベルものの映画を6本もオススメしてくれます。

それがこちら。

 

『タイムマシン』(1960)

f:id:thecongress:20190307190447j:plain

 

 『タイム・アフター・タイム』(1979)

 

パルプ・フィクション』(1994)

6本中見たことあるのは『パルプ・フィクション』だけでした。

 

ある日どこかで』(1980)

 

『タイムスリップ』→『戦国自衛隊』(1979)

『タイムスリップ』で検索してみてもヒットしなかったので、実在しない映画かな?と思ったんですが、ウォーレンの説明文で『戦国自衛隊』だと判明。

日本発の映画が『AKIRA』、『ファイナルファンタジー』、『戦国自衛隊』と3本も登場するとは!

 

『タイムコップ』(1994)

 

 

アリッサと映画駄話

エピソード2:時間切れより。

アリッサと好きな映画について雑談するシーン。

f:id:thecongress:20190307191532j:plain

見たことがある映画が出てくると、テンション上がっちゃいますね。

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)

USJのアトラクションが懐かしい・・・。

この映画を実際に見るより、USJのアトラクションに乗った方が先だったなぁ。

 

『ルーパー』(2012)

なんか「ものすごくジョセフ・ゴードン=レヴィットに似てる人が出てるけど、顔がなんか違う・・・」と思ってたらジョセフ・ゴードン=レヴィットだった映画。

メイクの力ってすげー!!

 

『恋はデジャ・ブ』(1993)

 

クロエと映画『ブレードランナー』 

エピソード4:暗室より。

f:id:thecongress:20190308120105j:plain

クロエと一緒に映画を見るシーン。

 

 

クロエたちが見たのはきっとブレードランナー ディレクターズカット版』だと思うんですよね。

『ライフイズストレンジ:ビフォアザストーム』のエピソード1でディレクターズカット版をわざわざチョイスしたって描写があったので。

 

こっちの世界線のクロエはすっかり大人しい感じになっておりますが、「プリスの髪型に憧れてたんだ」の一文で、「ああ、クロエだ・・・!!」と思わせてくれるのがすごい好きです。(語彙力)

もとの世界のクロエの片鱗が見えたという感じがして、なんとも言えない気持ちに。これこそ”エモい”と言うべきかしらん。

 

ディストピア映画の歴史

f:id:thecongress:20190309141748j:plain

エピソード5:偏光、ツァストガイストギャラリーにて、ディストピア映画の歴史について解説するイベントのチラシを発見。

チラシに書かれていた映画たちがこちら。

 

メトロポリス』(1927) 

もう90年以上前の映画・・・!!

 

猿の惑星』(1968)

エピソード1にも登場しましたね!

猿の惑星推しがすごい。

 

ブレードランナー』(1982)

クロエの好きな映画。

このイベントにクロエとウォーレンとマックスの3人で行ってきてほしい。そして帰りにダイナーで論争してほしい。(このエピソードをDLCとして配信してほしい。)

 

ハンガー・ゲーム』(2012)

ここで『ハンガー・ゲーム』が出てくるとは!!

地味に大好きなシリーズなので、名前を見つけたときは思わずのけぞった(テンション上がりすぎ)。

 

おもしろくて夜通し一気見してしまったのをよく覚えている。

カットニス(ジェニファー・ローレンス)の弓を構える姿がかっこよくて、主人公に心奪われましたね。

 

ハンガー・ゲーム』シリーズは、1→2→FINAL:レジスタンス→FINAL:レボリューションの4本で完結するので、見たことがない方にはぜひともオススメしたい。

 

 

こうしてまとめてみると、『ライフイズストレンジ』には20本以上の映画が登場してるんですね。

知らない映画も多々発見できたので、コツコツ鑑賞していきたいな。

 

わたしからは以上!オクラノでした。

『LIFE IS STRANGE / ライフイズストレンジ』に登場する映画たち【エピソード1:サナギ編】

 

こんにちは、オクラノです。

『ライフ イズ ストレンジ』熱が再燃している勢いに任せて、本作に登場する映画たちをまとめてみました!!

 

いつか自分でも見てみたいなと思いましてね。

 

【この記事の内容】

 

「映画は時間の断片」by アルフレッド・ヒッチコック

冒頭のジェファソン先生の授業で登場するアルフレッド・ヒッチコック

”サスペンスの神様(帝王)”とも呼ばれている非常に有名な映画監督です。

 

ヒッチコックときいて真っ先に思い出す作品は

『めまい』や、 

『サイコ』なのですが、 

わたしが、実際に見たことがあるのは『鳥』だけです。

いつか見よう、と思いながら後回しになってしまっています・・・。 

ちなみに、アルフレッド・ヒッチコック監督作品は全部で53作品。多い!

 

”REDRUM”

女子寮にて、ステラの部屋(217号室)のホワイトボードに書かれている”REDRUM”

f:id:thecongress:20190304141120j:plain

 

これはスタンリー・キューブリック監督作品の『シャイニング』で出てくるヤツですね・・・(身震い)

見たことない方は『シャイニング』を見るか、”REDRUM”で検索してみてください。

 

あと、気になったのがマックスのコメント。 

このホワイトボードを見るとマックスが「217号室?ここには絶対入らない・・・。」というのですが、映画では例の部屋番号は”237”なんですよ。

 

「どういうこと?」と調べてみると、原作小説では217号室なんだけれども、舞台となったホテルへの配慮から237号室に置き換えられたようです。

 

10.あの237号室は存在しない⁉︎

原作では、あの世にも恐ろしい現象が起きた部屋は217号室となっていますが、映画では237号室となっています。

利用客が217号室を避けるのを懸念した、ロケ地のホテル側の要望により、実際には存在しない237号室が撮影の舞台となりました。

 『シャイニング』がもっと好きになる驚きのトリビア17選 | ciatr[シアター]

 

映画を見たお客さんが「あんな怖い部屋泊まりとうない!!」となるのを避けたようですよ。なるほど、そんな裏話があったんですね~。

 

マックスのあだ名

ウォーレンやクロエにSMSでたまに呼ばれるこのあだ名。

皆様、ご存じ『マッドマックス』ですね。

しかし、1979年の作品とは・・・。

『マッドマックス』が生み出されてからもう40年前になるんですね。

 

ちなみに、わたしは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を見て過去作のメル・ギブソン版を見た人です。(超私事)

 

マックスは『ファイナルファンタジー』推し?

女子寮、ビクトリアの部屋にて。

f:id:thecongress:20190304141201j:plain

スクエニか!? スクエニが言わせたセリフなのか!!?」と思わず勘ぐってしまいました(笑) 

というか、FFの映画ってずいぶん昔から作られていたのですね。まったく知りませんでした。2001年に公開されてます。

マックスが言うなら見てみたいな。

 

ウォーレン・グラハムの秘蔵映画ライブラリー 

ウォーレンに借りたUSBに入っている映画コレクション。

すべては見られないものの、会話の中でちょこちょこ作品名が出てくるのでまとめてみました。

f:id:thecongress:20190304141217j:plain

 

ウォーレン激推し『食人族』

原題『CANNIBAL HOLOCAUST』って言うんですね・・・。

 

『食人族』というタイトルはよく聞くけれども実際に見たことはありません。カルト的な人気があるのは知っているんですけどね~。

程度にもよりますが、カニバリズム描写が苦手なのでなかなか手が伸びないなぁ・・・。

 

ウォーレンはラス・メイヤー監督好き

調べていてびっくりしたのですが、

『ウルトラ・ヴィクセン』と 『ファスター・プシーキャット キル!キル!』(作中では『ファスター・プシィキャット!ダイ!ダイ!』 )は同監督の作品だったのです。

 

数少ない枠の中で同監督の作品が出てくるって事は、ウォーレンは相当ラス・メイヤー監督が好きだし、キャラ形成にもかなり影響を受けてるはず・・・!!

作品を見たことがないので憶測でしかないですが。

 

ちなみに、ラス・メイヤー監督について超ざっくり調べると、大きいおっぱいと暴力の映画を撮っていたようです。(誤解を招く表現&ファンの方ごめんなさい)

 

ウォーレンのお気に入り~SF編~ 

SF映画枠にはAKIRA』と『トワイライト・ゾーンが選抜された模様。

 

AKIRA』は後世に影響を与えた作品として度々名前が挙がる作品なので、漫画を読んでみたいなぁ、と思いつつそのままです。

い、いつか必ず・・・!!!

 

上映禁止になるほどやばい映画

それが『ネクロマンティック』!!!

・・・といっておきながら、わたくし未見でございます。

タイトルは聞いたことがあるけれど、どんな内容のものか知らなかったので予告編をしてみました。

youtu.be

あ・・・・・・(察し)

とにかくめちゃくちゃ見る人を選びそうな映画であることがよくわかりました・・・。

 

【おまけ】デーナはどの映画をみたのか?

「映画みたいから借りるね~」と勝手にUSBを持ち出しちゃうデーナさん。

ウォーレンの映画フォルダをまとめていると、デーナがどの映画をチョイスして見たのかが気になって仕方がない!! 

 

『食人族』とか見なさそうだけど、意外となんでもこい!な感じだったらおもしろいな~とか想像したり。

みなさんはデーナが何をチョイスしたと思いますか?? 

 

猿の惑星』デート

ウォーレンの車で!!ニューバーグのドライブイン・シアターに!!!行きたかったよ!!!!!(心の叫び)

 

ウォーレンが熱く語っているのを、微笑しながら聞きたかったよ・・・。

 

ちなみに『猿の惑星』シリーズは【オリジナル版】が5本。

【リブート版】が3本。

 

リメイクも合わせると全9本の大所帯。

 

一挙上映はオリジナル版だけかなと思いますが・・・、

それでも5本とも見るとなると、総上映時間495分(8時間25分)

 

かなり長丁場というか1日がかりなので、よくよく考えたらこのデートかなりキツいぞ・・・と冷静に思った次第であります(笑)

 

 

こんな感じでエピソード1に出てきた映画はこんだけかな?

エピソード2以降もまとめるつもりですのでよろしければお付き合いください。

 

わたしからは以上!オクラノでした。