残業に対してどうしてもポジティブになれない。

他部署の人から「遅くまで頑張ってるね。」と言われると調子が狂います。

遅い時間まで会社で仕事していることが正しいこと、みたいに感じてしまうから。

 

残業を肯定しないで欲しい。

残業をポジティブにとらえることが全くできなくて。みんな残業してるから理論ではどうにもならない。社会人は甘くない理論でもどうにもならない気持ちがあって。

受け入れられない自分を大事にしたいような、情けないようなで、なんとも言えない気持ちです。

 

けど、自分が営業の立場になって、自然と技術に残業を強いていることに気が付いてとてもしんどくなってきました。

自分が残業していると人に平気で残業しろって言えるようになるし、それが普通と思い始めているんだな、と。

 

技術の方々は、入社一年目の私なんかより仕事いっぱい抱えてるわけで。

この仕事は本当にやってもらわないといけない仕事なのか、疑問が止まらないようになりました。

 

みんなの生活削ってまでやってもらわにゃならんことなんかなぁ。

 

お金稼がんと給料も出ないなんてことはわかってるけど。営業が仕事取ってこないと誰も食えんってこともわかってるけど。

それでも、もっといい方法があるんじゃないかと思ってしまいます。

 

一日八時間、目一杯働いたらめっちゃ疲れるやんね。八時間も割いてるのにね。やるせないね。