「うつ病になった」と打ち明けたときの気持ちについて【はじめての心療内科から休職するまで】

「わたし、うつ病になった。」

と打ち明けるのに、ものすごく勇気がいりました。

 

「どんな反応されるんだろう・・・」しきりに悩んでいました。

 

甘えだと思われないか?

新入社員で自分に責任がかかるような仕事もしてないのに辛い?

みんなしんどい思いしながら働いてるのに、努力もしてないお前がうつ病

 

考えれば考えるほど【人に相談する】ことのハードルがどんどん上がっていきました。

本当に悩んだ。

 

今日はそんなわたしの気持ちを書き残していこうと思います。

 

【目次】

 

身近な人に話すより病院にいく方が気が楽だった

日に日に重くなる身体、寝ても何度も目覚める夜、勝手に流れてくる涙・・・etc

 

明らかに自分がおかしくなっている。

けど、これは【社会人になれば誰もが通る道】であって乗り越えなければならないものだと思っていました。周りに相談する勇気はありませんでした。

 

が、こんなわたしでも病院にヘルプを求めることができました。

おそらく今の自分の状況を客観的に判断してほしかったんだと思います。

問題があればどうにかして助けてもらいたいし、問題なければなかったことにすればいいと思っていました。

 

「あんたごときが心療内科に行くの?」と思われるのがイヤだったので、完全独断かつ誰にも言わずに病院に行きました。

 

はじめての心療内科は思ったより普通だった

家から一番近い心療内科を探して予約もせずに行きました。

かなり緊張しましたが、今までにいったことのある病院となんら変わりなく普通の病院でした。

 

問診票になんて書けばいいか悩みましたが「疲れがとれない」とだけ書きました。

名前を呼ばれて、診断シート(質問票?)に記入し、お医者さんと15分ほど話しました。

 

緊張していたのであまり覚えていませんが「大丈夫ですよ、ゆっくり休みましょう」といってくださったことはよく覚えています。

 

その日のうちにうつ病と診断され、薬を4種類処方してもらいました。

 

 

休むためには話さないといけない

お医者さんの言葉に安堵したのも束の間、ゆっくり休ませてもらうには会社の上司、両親に「うつ病になったこと」を話さなければいけない。

 

この当たり前を乗り越えるのに、とても時間がかかりました。

 

仲のよい友人が最初だった

そこで、わたしが一番最初に打ち明けたのは仲のよい友人でした。

もともとご飯を食べに行く約束をしていたので「ここで言えなかったら誰にも言えない・・・!」という思いで打ち明けました。

 

友人2人はとても驚いていましたが、すんなりと受け入れてくれました。

いくら仲がいいとはいえ、もっと異物のように扱われると思っていたので2人の反応にとてもほっとしました。

 

2人は親身に話をきいてくれましたし、その後は普通に馬鹿話を楽しむことができました。この雰囲気には本当に救われました。

 

たまに「何でも相談のるよ」と言って電話をかけてくれたりもしています。

この二人のおかげで両親や上司に打ち明けることができたと言っても過言ではありません。

本当に感謝です。

 

母親に打ち明けるのが一番つらかった

その後、わたしの中で一番高いハードルだった母親に打ち明けました。

 

ハードルが高かったというのも、母親はいろいろなものを背負いすぎていて「わたしぐらいまともに働いて自立しないと・・・」という想いが強くあったから。

 

絶対にわたしを否定しないことはわかっていましたが、母親に甘えることがとても辛かったのです。

母親は泣きながらうつ病を告白するわたしに「母さんがついてるから大丈夫」と言ってくれました。 

 

わたしはただ「ごめん」と謝ることしかできませんでした。

申し訳なさで潰れそうでした。

 

上司に診断書を渡す

その翌日、診断書を持って直属の上司に打ち明けました。

驚いてはいたようですが、「しっかり休暇をとって療養するように」と命じてくれました。

「もっと早くいってくれればよかったのに」と言ってくれました。

あと、わたしが封筒を渡すもんだから退職届だったらどうしようとも思ったようです。

 

その後すぐに人事部長に呼ばれ「今の部署がしんどいなら別の部署に異動してもいいし、別の支店へいってもいい。今の部署にいても、また再発するだろうから」と言ってくれました。

想像以上の柔軟な対応に驚きましたが、どこへいくか考える宿題ができてしまって複雑でもあります。

 

そんなこんなで、今わたしが持っている案件を引き継ぎさせていただき、とりあえず1ヶ月休職させてもらうことになりました。

なんの手続きもしてないけど大丈夫なのだろうかと少し不安ですが、もうよしとします。

 

 

何がしんどかったのか

わたしとしてはもう少し時間をおいてから、何がしんどかったのか考えたいと思っています。

ただ「仕事内容が合っていないというよりも、部署の雰囲気に負けてしまった」の方が近い気がしています。

 

勝手に気負って、空気読みまくって、自分で首を絞めていたのかもしれません。

 

 

休職期間に入って

今のところ、変わらず身体は重いですが精神は安定しています。

打ち明けたことで心が軽くなったのかもしれません。

 

わたしは人に自分のことを話すのがとても苦手でしたが、今回のことで「下手くそでも話そうとすること」って大切だなと身に染みて感じています。

 

あと、うつ病の認知度を上げてくれた方々、うつ病経験談をブログなどに書いてくれていた方々にもお礼を言いたい気持ちです。

そのおかげでわたしは病院に駆け込むことができたし、うつ病であることを打ち明けても異物のように扱われることなく過ごすことができています。

本当にありがとうございます。

 

わたしからは以上!オクラノでした。